のどに優しい飲食物

のどに優しい飲食物とそうでない飲食物とは?

のどから来る風邪を引いた経験のある方は多くいらっしゃるっことでしょう。
朝起きたときから酷く痛むのはつらいですよね。

 

できることなら早く治ってほしい、痛みが治まってほしいと誰もが思うのではないでしょうか。

 

そんな時、少しでも役立つかもしれないのが、のどに優しいとされる飲食物や悪いとされる飲食物の情報です。
ここで、少しだけご紹介しましょう。

 

 

のどに優しいとされる飲食物はハチミツや緑茶など

 

痛みがやわらぐには炎症を抑える必要があります。
それに役立つのが、唾液腺を刺激してくれる甘いものです。
飴、ハチミツ、ガムなどは、唾液を分泌させて口内の乾燥を防ぐことが期待されます。

 

とくにハチミツには殺菌作用や抗炎症作用があるので、もっとも魅力的な食べ物といえます。
ただし、ハチミツは1歳未満の乳幼児には与えられないので、れんこんや黒豆といった食材もオススメです。

 

 

また、風邪の時はお茶でうがいをするといいという話を聞いたことがある人もいらっしゃるのではないでしょうか。
これは、緑茶に含まれるカテキンには殺菌効果が期待されるため、予防に役立つと言われているからです。

 

しかし、お茶に含まれるカフェインの刺激があまりよくないという場合もあります。
そういう時は、水や白湯を飲んでください。

 

 

他にも大根やレモン、玉ねぎなどさまざまな食材があげられます。
風邪の時にそれぞれ試してみてくださいね。

 

 

のどに悪いとされる飲食物はチョコレートやアルコール類など

 

逆に痛みを悪化させるとされる飲食物もあります。

 

たとえば、刺激物です。
辛みだけではなく、酸味やしょっぱいものは痛みを強めるとされています。
梅干しや唐辛子、胡椒などの香辛料やお酢など、刺激が強いと思うものは避けましょう。

 

 

ナッツ類やせんべいなどの硬いもの、冷たすぎるもの熱すぎるものやアルコール類といった刺激の強そうなものは、あまりよくないと言われています。

 

こうしたものは元気な時になってから飲食するようにしましょう。

 

 

また、甘いものがいいと述べましたが、チョコレートはよくないとされています。
これは、チョコレートに含まれるカフェインのせいです。

 

このように、カフェインは炎症による痛みを悪化させる可能性があります。
つまり、コーヒーなどはもちろん、先に紹介した緑茶なども場合によってはあまりよくない可能性もあります。

 

自分の体質にあっているかどうかは、実際に試してみたうえで、慎重に判断してくださいね。