のどの痛み解消克服 のど飴

のど飴の効果と注意点について

のど飴といえば、誰もが一度は食べたことがあるものでしょう。
のどが痛いとき、乾燥しているときなど、誰でも気軽に試すことができるものなので、身近で親しみやすいのではないでしょうか。

 

どちらかと言えばお菓子の飴の感覚で食べている人が多いかもしれません。
しかし、その効果はどれほどのものなのでしょうか。
飴の種類や注意点も含めてご説明します。

 

実際はどのくらいの効果があるのでしょうか

 

のど飴にはいくつか種類があります。
大きく分けると、医薬品、医薬部外品、食品の3種類です。

 

 

医薬品はその名の通り、痛みに対する有効成分が認められ、製造と販売に許可が必要なものをさします。
そのため、購入も薬局やドラッグストアでのみ出来ます。
その分、治療や予防にも効果が期待されます。

 

 

医薬部外品は、医薬品ほど作用が強くなく、製造だけに許可が必要なものをさします。
そのため、コンビニなどどこでも購入することが出来、効果は治療よりも予防に期待されています。

 

 

最後に食品は医療的な効果が期待されていないものをさします。
ハチミツやハッカなど効果があるとされている原材料が使用されていますが、基本的には普通の飴と同じため、成分にも決まりはありません。
これら3種類で効果は全く変わってきます。

 

医薬品や医薬部外品は高い効果を持ちますが薬と変わらない扱いですので、それだけ正しい容量と用法を守らなくてはいけません。

 

服用する際に気を付けるべきことはどんなことでしょうか

 

医薬品や医薬部外品ならば、副作用を心配する人がいるかもしれませんね。

 

飴といっても医療的効果が期待され、製造等に規制がかかっている以上、注意するに越したことはありません。
たとえば、妊娠中・授乳中の女性は服用できるかどうか慎重に判断することが大切です。

 

 

また、決められた量を守らずに大量服用することも逆効果となります。

 

炎症を抑える成分を過剰に摂取すると、かえって粘膜を傷つけてしまい、その結果、唾液が不足するという症状を引き起こすのです。
口内が乾燥すれば、細菌やウイルスの侵入を防げなくなってしまうので、よくありません。

 

 

その他にも、飴自体に含まれている糖分にもよく気を付けた方がいいでしょう。
これは、医薬品や医薬部外品だけではなく、食品に分類されるものにも言えることです。

 

1日に4〜5個などと数量を決めておくことで、虫歯やカロリーオーバーといったリスクを防げます。
ぜひご参考になさってください。