のどの痛みや苦しみ解消克服ガイド

のどの違和感がある時は早めに病院にいきましょう

のどの痛みといえば、風邪の症状のイメージがありますよね。

 

すぐに病院に行く人もいると思いますが、痛いだけならばと市販の風邪薬だけを服用し、放っておくという人も少なくないかもしれません。

 

しかし、ただの風邪の症状ではない可能性もあります。
ここでは、のどの痛みから疑われる病気についてご紹介します。

 

 

のどの痛みから疑われる恐ろしい病気について

 

まず、単純な痛みや食べ物を飲み込む際の痛み(嚥下痛)で疑われるのは、急性咽頭炎、咽後膿瘍、急性扁桃炎、習慣性扁桃炎、扁桃周囲膿瘍、急性喉頭蓋炎、扁桃悪性リンパ腫、中・下咽頭がんといった病気です。

 

つぎに、食べ物が飲み込みづらい場合(嚥下障害)は、逆流性食道炎、食道裂孔ヘルニア、食道モリニア症、食道がん、扁桃肥大、脳梗塞、ギランバレー症候群、多発性硬化症といった病気が疑われます。

 

そして、声がれで疑われるのは、急性喉頭炎、慢性喉頭炎、喉頭がん、喉頭乳頭腫、急性声門下喉頭炎、声帯ポリープ、声帯結節、反回神経麻痺といった病気です。

 

 

このように疑われる病気の中には、その症状からは想像しにくいものもありますよね。
早期に発見することで、より効果的な治療を行うことが出来るので、早めに病院に行くことをオススメします。

 

 

嚥下障害や声がれといった症状が出たら要注意

 

痛みが発生する原因の多くは、咽頭や扁桃に細菌やウイルスが感染して炎症をおこすためです。

 

さらに、嚥下障害や声がれといった症状は恐ろしい病気のサインである可能性があります。

 

 

嚥下障害というのは、食べ物を飲み込むことが難しい、食べ物を飲み込む際にむせてしまうといった症状などのことです。
この症状から疑われる病気はたくさんありますが、その中でも恐ろしいのがギランバレー症候群、食道がん、脳梗塞といったものです。

 

脳血管障害や、食道の問題、神経や筋肉の不調によりこうした症状が現れるようです。

 

 

声がれはその名の通り、声がかれていたり、しゃがれていることを言います。
嗄声(させい)とも呼ばれます。
生まれつきこうした声の人はおらず、嗄声になった場合は何らかの病気が疑われます。

 

多くは声帯の問題で、中でも喉頭がんは嗄声が早期発見の手がかりと言われています。

 

 

のどが痛いときはどこの病院に行けばいいのでしょうか

 

病院はさまざまな科があり、どこを受診すればいいのか分からないという人もいるかもしれませんね。
疑われる病気も多種多様で、さらに迷ってしまいそうです。

 

とりあえず、まずは風邪を疑って内科を訪れるといいかもしれません。
そこで診てもらい、治らなければお医者さんの指示に従いましょう。

 

 

また、しこりがある場合、耳や舌なども痛む場合は、耳鼻咽喉科や口腔外科などに行くといいでしょう。

 

とくに嗄声の症状が出ている場合は、すぐに耳鼻咽喉科で診てもらうことをオススメします。

 

どんな病気も早期発見が大事ですので、違和感があったときはすぐに病院にいきましょう。

 

【2018年人気オススメサイトはこれだ!】

 

クレジットカード現金化で即日でお金を作る方法

 

婚活サイトまとめで早く結婚するべき!

 

電話占いの当たる占い師サイト